林田酒店

地酒、焼酎、日本酒と九州の酒販売 「林田酒店」

 

 

CONTENTS

林龍平酒造

making process of SAKE!

蔵

Please check this out.

ギフトラッピング

ギフトラッピング

家飲み万歳レシピ

レシピ

お店をみてみよう。

店内

店長日記 My Diary

担当 林田
こんにちは!林田です。

幕末より受け継がれた伝統の味をご賞味下さい。
店長日記では、イベントのお知らせや様々な事を記載して行きます。

Hi, everyone
Check out my blog for any upcoming event and new released products. Share your comments at my blog.

店長日記はこちら >>

 
お酒は二十歳を過ぎてから。また、飲酒運転は道路交通法第六十五条第一項で禁止されています。

製造工程


伝統を守る心、そして受け継がれる技術
上質のおいしい酒を造る基本技術は、すでに江戸時代に確立されていた。

その伝統を受け継いだ蔵人たちは、酒造りの仕事にいまも余念がない。 蒸し上げた米で麹を造り、
その麹に蒸米と水そして酵母を加えて発酵させ、酒母を造る。

この酒母に蒸した米、麹、水を加えて仕込み、醪として発酵させる。

仕上がった醪を搾って得た新酒をタンクに貯蔵して熟成させる。

酒造りの工程は昔から実にシンプルなものである。

しかし蔵人たちにとっては気を抜くことのできない仕事の連続です。

麹も醪もまさに「生き物」少しの油断も失敗も許されないのである。

製造工程

■精米  
   
酒の雑味になるたんぱく質や脂質(糠)を取り除き、心白(でんぷん質)の部分が 60%以下になるように、
酒造用の精米機で3日かけて精米します。
 
■洗米、浸漬  
洗米、浸漬   水温約5度前後の水で手洗いしながら、米についている糠を取り除き、必要以上の水分を 吸収させないように作業します。
 
■蒸米、放冷  
蒸米、放冷   蒸し上がった米を布に包んで放冷場へ運び、サクの上に広げて
手でほぐしながら、冷たい外気にあてて冷まします。
100度近い蒸米を2~3時間放置して、人肌までにします。
 
■麹  
麹   人肌程度に冷めた蒸米を、麹室(室温は約30度)に運んで、揉み床という布のかかった台の上でさらにもみほぐして30度ぐらいまで冷ます。蒸米の温度が30度に安定したら、その上に種麹を均等にまきます。
   
■酒母・醪    
酒母・醪   麹に酵母、蒸米、水、乳酸を加えて酒母を造る。
醪は母酒に麹、蒸米、水を3回に分けて加えて攪拌し、低温で約1ヵ月間発酵させて醪を造る。
この工程は「造り」と呼ばれています。
   
■搾り    
搾り   醪を搾り酒と酒粕に分離する作業。
発酵が終わった醪をいくつか酒袋に分け入れ、搾り器に積み、上から圧力をかけて搾る。
これを数日かけて行う。搾られた酒は「新酒」と言われます。
   
■瓶詰め    
瓶詰め   瓶詰めが終わった後のラベル貼り